提供するコンサルティングの概要

新規事業開発には大きく2つのパターンがあります。

ビジネスプランコンテスト等によるアイデアの創出からスタートをするケースと、既に事業アイデアや技術シーズありきで新規事業を行うケースです。

ビジネスプランコンテストからスタートするケースが最長となりますので、こちらをご紹介しますが、事業アイデアなどがある場合には事業計画の策定からスタートすることも可能です。

development-img01

代表的な課題

既存事業が好調なうちに次の打ち手を考えたい

社員に新規事業への取り組みの意識づけをしたい

新規事業への取り組みが長続きさせたい

ビジネスプランコンテストの成功の仕組みを社内に取り入れたい

後継経営者への引き継ぎを行う上での試金石にしたい

コンサルティングのステップ

コンセプト立案フェーズの支援

1. アイディア出し

  • アイデア出しワークショップのファシリテーター・事務局
  • アイデアをビジネスドメイン・ビジネスモデルに整理
  • アイデアを整理するフレームワークの講義
  • 合宿のプログラム作成・事務局

2. アイディアの審査

  • 審査基準の策定
  • アイデア審査会の事務局運営
  • 審査へのポスターセッション(A3一枚へのまとめ)準備
  • アイデアポスター作成支援

事業計画作成フェーズの支援

1. 事業計画作成

  • 事業計画作成手法研修
  • 事業計画書作成サポート
  • VOC調査取りまとめ

2. 事業計画プレゼンテーション

  • 事業計画プレゼンテーション資料作成指導
  • プレゼン・デリバリー特訓

実行支援フェーズの支援

1. 事業計画審査

  • 審査基準の策定
  • 事業計画審査会の事務局運営

2. 実行プロジェクト立ち上げ

  • プロジェクト運営事務局【スケジュール・WBS作成等】
  • プロジェクト実行支援

他コンサルティング会社に対する優位性

代表の小倉が、2つの絶対に必要な経験を有しています。1つめは企業内で新規事業を立ち上げた経験、もう1つは数多くの事業計画書自体を作成したり、閲覧したりする経験です。企業内で新規事業の立ち上げに携わってきた経験はもとより、中小企業診断士として数多くの事業計画書の作成に携わったり、補助金の申請に伴う事業計画書の審査をしたりしています。
また、ビジネスプランコンテストの事業計画書作成サポートのコンサルティングも長く携わらせて頂いていますので、机上論ではないリアルに説得のできる事業計画書の作成のお手伝いをご提供します。そして、最後の実行面では自らが新規事業プロジェクトマネジメントを行ってきた経験から、成功裏な立ち上げに直結したサポートが可能です。
development-img02

期待される導入のメリット

ビジネスプランコンテスト~事業の立ち上げまでの仕組みを社内にインストールしますので、次年度からは運営を自社で行えるようになります。

新規事業開発への数多くの関与経験者を水先案内に利用して頂き、必ず発生する落とし穴を回避しながら事業開発を行うことが出来ます。

社内に新規事業開発に必用な要素を導入して頂くことで、後継経営者や幹部社員等新規事業に関与するメンバーの大幅なレベルアップができます。

development-img03